「今日も雑談日和」の目次(一覧へ)

2020年3月7日土曜日

イース8(YsⅧ)の今更なプレイ日記(その63)

村人への事情聴取と情報提供へのお願い中。
まだまだ続いております。

キルゴール
「バルバロス船長、そしてカーラン卿。
二人の負った傷について不審な点はありませんでした。
しいていえば、二人とも深手ではなかった点でしょうか。」

とのことでした。



キルゴール
「一度襲撃を行って評劇の恐怖をかきたて――
じわじわと心理的に追い詰めるためだったのでは。」

ラクシャ「まさに”狂気の切り裂き魔”の
所業という事ですか――
せめて凶器が判っていれば
対策も立てられるのですが――」

キルゴール
「残念ですが、鋭利なものとしか。
ナイフのような物だとは思うのですが。」

そりゃー鋭利な凶器でべたなところだと、
針金とか金属糸とか、そういう物…
と、反射的に思った筆者は
おそらく漫画の影響を受けてるのでしょうな。
(お約束X2…

ラクシャ「あら先生、首のあたり
どうかなさったのですか?」
「まさか斬りつけられた跡では…」


キルゴール
「はは、御心配なく。
これは少し前の日焼けの後でして。」



日焼けの痕とか斬りつけられた跡とか
画面ではよく見えないのですが…

赤い筋みたいなものがちょっぴり見える、とか??


サハド
「ガハハ、驚かさないでくれよ。」

ついでにキルゴール先生は
以前アルタゴという場所で野外で医療活動を
していたそうなのですが




アドル
「羨ましいです」
「詳しく聞かせてください」

おおぅ。
選択肢が「それで?」と「それから?」しかない。

【アドルは伝え聞くアルタゴ公国の噂話に
以前から興味があったことを説明した】

ををっ。
ここで普段無口な主人公が
無茶苦茶食いついた。

の、ですが。

キルゴール
「ははは…僕の見聞きした範囲で良ければ喜んで。」
「ですが、事件の解決が先でしょうね。」

サハド「まあその話は後でゆっくりしてくれよ、アドル。」


アドルくんが
(´・ω・`)ガッカリ
となったかどうかは、
相変わらずのポーカーフェイスなので
読みにくい所ですが、
先生との会話はこんな感じで御座いました。



途中で、
船長のお見舞いに立ち寄っておきました。

船長ってば
「申し訳ない、何から何まで任せきりになってしまいまして。」
と、こんな時まで気遣いをみせてくださいます。
何か思い出したことがないか訊いてみますと、
「ちょっとした違和感なのだが…」と前置きしました。

バルバロス船長
「実は犯人は、既に数メライは離れた位置に立っていたのです。」

サハド
「お?数メライってーと
刃物で切り付けられる距離じゃねーが。」

バルバロス船長
「とっさの事で、記憶違いかと思っていたのですが……」




ここで、選択肢です。

「常識を疑った方がいい」
「記憶を疑った方がいい」

記憶を…というのは失礼な気がしたので、
「常識を~」にしておきますた。

バルバロス船長
「うむ…あの殺人予告を見て
凶器はナイフだと思い込んでいたが…
もしかすると違うのかもしれんな……」




ぐるりと村をまわってお見舞いも終わりまして。
どうやらキーパーソンに話を聞くことは出来たようです。



サハド「…これで聞き込みは終わりか?」

ラクシャ「そうですね、ある程度の
情報は集まったと思うのですが……
エアランさんはまだ戻ってきていないようですね」

と、いう会話をしていると
誰かが村から出て行ったようですよ。

サハド「外へ出ることは控えるよう伝わっているはずだぜ。」

ラクシャ「もし漂流者だとしたら
村の中へ戻るよう呼びかけないと。」
「アドル、まだ時間もありそうですし、見に行ってみましょうか。」

ちなみに、エアランさんは畑のそばにいるのですが…



ま、たいした会話はなかったので、
村の外に出て行った、あのひとの様子をみにいきますよ。
 

2020年3月1日日曜日

イース8(YsⅧ)の今更なプレイ日記(その62)



あ、さてさて。



カーラン卿、哀れ海の藻屑と消えゆく!!

というところから始まります。




ラクシャ
「あの怪物…古代種の一種かもいれません」
「古代の海には巨大な軟体類も生息していたはずです」

とにもかくにも、カーラン卿はイカの触手に
船ごと沈められてしまったようです。

そのまま身体は上がらず?
行方不明のまま。
ということになってしまいました。





ドギ「助けられなかったのは残念だったな…」

これで、彼が実は生き延びていて
仲間のピンチの時「カーラン☆改」とか何かで
颯爽と現れたら…!!
……別の話になりますわな。

バルバロス船長
「うむ、突然あのような化け物が出てきたのでは…」
「ロンバルディア号を沈めたのも
ヤツに間違いないだろう。」

サハド「お?そーなると長年
この辺りで船を沈めてきたのは…」

バルバロス船長「…ええ、ヤツの仕業と
考えて差し支えありません。」

島を脱出するには、あのイカを倒すしかないようだ、
とのことです。



その横で、通りがかりのエアランさんが
「何だァ、こりゃ?」と声を上げました。

「マズハ一人 NEMO」との貼り紙でした。

ドギ「こいつは…名無しの野郎か。
一体いつの間に…」

エアラン「心理的に追い詰めて死に追いやることも
あると聞いちゃいたが……」

バルバロス船長
「カーラン殿は実質、
名無しに殺されたという事ですか。」

サハド「あのオッサンは嫌なヤツだったが、
殺されるほどじゃなかったはずだ。」


しかし、
あのサハドさんが「嫌な奴」と言い切る
カーラン卿ってどれだけ…。

「このまま手をこまねいていれば
間違いなく次の犠牲者が出るだろう。」
と、エアランさんの意見に船長たちも同意。





「で、具体的に何をすればいいんで?」という
ドギさんの質問に
「ドギは引き続き漂流村全体の警護に当たってくれ。」
なんて、さっと次の指示が出て来るあたり、
さすが船長、リーダーの器ですな。

バルバロス船長「それとエアラン殿……」

エアラン「事件前後に不審なことがなかったか
漂流村たちの話を徹底的に検証する。
それから、やっぱり事件現場の検証も欠かせんな。
何か証拠が残っていないか、
もう一度調べてみるべきだろう。」

バルバロス船長「聞き込みや調査はエアラン殿と
それからアドルにお願いしましょう。」



というわけで、調査は明日から~。

で、その夜はドギさんとエアランさんの二人が
見張りになったようです。

アドルくんは一人だったのに。

やっぱ警備強化?
というか、
友人同士なのだから
アドルとドギが協力して見張りに立ってそうなのに
意外にバラバラに行動するなぁ、「8」の今回。

次の日は次の日で

「聞き込みや調査はエアラン殿と
それからアドルにお願いしましょう。」

とか言っていたバルバロス船長の指示だったのに
エアランさんと別行動での聞き込み調査だし。



エアラン「俺は事件のあった場所を
もう一度検証してみるつもりだ。」
「アドルたちには聞き込みを頼みたい。」

…それって自分が歩きたくないだけでわ??

エアラン
「憲兵の俺が一緒だと
みんなが身構えちまう可能性もある。
お前たちだからこそ、
集められる情報もあるかもしれん。」

それって物は言いようってヤツでわ????

「一通り聞き込みを終えたら
ここで落ち合って情報交換だ。」
と、憲兵のひとに言われたので、
村中を練り歩くことにしました。



カトリーン
「申し訳ないけど、事件前後のみんなの位置関係は
全くと言っていいほど分からないわ。
それにしても…名無しが
今もどこかに潜んでいると思うと
本当に腹立たしいわね。」

レーヤ
「いくら天才少年でも
わかんないものはわかんないよ。
カーラン卿がここで襲われたのだって
普段人がいないからだろーしさ。」

有力情報、集まらず。

レーヤくんの言う「ここ」というのは、
居住区と少し離れた畑の所で。

主に彼が畑の担当のようですが、
それで言うと、次の犠牲者あたり
レーヤくんも危なくないかい??




ずんずん畑から逆道を登っていきますと、

ラクシャ「ヒュンメル、戻っていたのですね」
ヒュンメル「どうかしたのか?」

忘れたころにヒュンメルさんを発見。

サハド「お前さん、いなくなった後に
どこで何やってたんだ!?」

ヒュンメル「生憎だが、話す気はない。」

ラクシャ
「待ってください、サハド。
ヒュンメルは犯人ではありません。
漂流村へ戻る途中で彼はわたくしたちと一緒でした。
どんなに急いで先回りしても
バルバロス船長への犯行は無理です。」

サハド「うーむ、そうだったな……」


アドル
「犯人の心当たりはないのか?」
「犯人でなくても共犯の可能性はある……」

一応前者を選択。
ほら一応、筆者は平和主義者ですし…(言い訳)

ヒュンメル「さあな……
そもそもオレに聞いてどうする?
オレの話を信用できるのか?」

サハド「やれやれ、犯人じゃないなら
まあいいんだが。
それにしても何だって黙って姿を消したんだ?」

ヒュンメル「フン、決まっている……
お前たちと協力する必要が今はないからだ。
お前たちの目的はこの事件の解決なのだろう。
オレの目的とは別の道を歩んでいることになる。
無理に協力し合う必要はあるまい。」

っていうか、
主人公たちの目的は犯人捜しではなくて
遭難者の生き残りを全員回収して無人島から脱出すること
じゃなかったか、をいっ!?

ラクシャ(どうやら彼は事件とは無関係のようですね…
しばらく放っておきましょう)




…ラクシャちゃんの「バッサリ感」が何気に酷かった…、




「”名無し”がオレの目的の障害になり得るのであれば
手を貸す選択肢もあったのだが…
現時点ではそこまでとも思えんのでな。悪いが他を当たってくれ。」
とのフォローを聞きつつ後にしますよ。

リヒトさんは洞窟部分のテーブル席にいましたよ。

「この村にはキルゴール先生がいらして、本当に良かったです。」
「アカデミアの先生方にも引けを取らない人だと思います。」
「こんな時でなかったらご教授いただきたい所なのですが……」

そんなに凄い医者だったんですか、キルゴール先生ってば。




ちなみに、彼に事件についてのコメントを尋ねると
「最初の犠牲者がカーラン卿だったのは
どうしてだろうって……」
と、何気に鋭いところに注目してました。

うーん、推理モノみたいな展開。

リヒト「少し引っかかってはいますが……」

サハド「そりゃあ、狙いやすかったってことじゃあねーのか?」

リヒト「名無しのメッセージはどれも
効果的なタイミングで置かれていました。
僕らはそれに不安を掻き立てられて今も振り回されています……
きっと人の恐怖――心の隙を付くことに長けているのだと思います。」

ラクシャ「確かに…カーラン卿も心理的に追い詰められたのでしたね…」

リヒト「カーラン卿は問題を起こしやすい人のようでした。
あの方を追い詰めれば村の雰囲気は悪くなります。
その上で命を落とせば村全体に陰鬱な状況が生まれる……
もしかすると、そこまで考え抜かれた犯行なのかも……」



「正気の沙汰じゃないな」
「犯人は頭脳はかもしれない」

アドルくんのポーズがソレっぽいので
分析者っぽい後者の台詞を選択してみました。

サハド「うーむ、言われてみれば…」

ラクシャ「その可能性は高そうですね。」
「それにしても、リヒトさんは
見事な分析力をお持ちなのですね。」

リヒト「その、村に来たばかりなので
客観的に考えられるだけですよ。」

ついでに、自分が医学生で、
急病にかかったロンバルディア号の船医の
代役バイトをしていた、と自己紹介しました。


ってことで、

次はもうひとりのお医者(プロ)、
キルゴール医師に話を聞きにいきますよ。